hattatusyougairogo3.jpg

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

2222年02月22日

発達障害の現状

私は(1970前後)第二次ベビーブーム世代
生まれました。(団塊ジュニアです)
私が小学生の頃にも学校にも発達障害の為の『特別学級(ひまわり学級)』などと呼ばれるクラスがあり
その発達障害の児童のクラスには1年生〜6年生迄の
全学年の児童が混合で人数は10人程度でした。
当時との比較すると
1クラス45人×5クラス×6学年=全校生徒1350人中/10人
1350人/10人=約0.7%位の発達障害の児童数が
今では8%〜10%って事は10倍〜15倍って事になります。
原因の詳しくは私には分かりませんが驚きの一言です・・・
このように
発達障害の児童が急増したことももちろん問題ですが
私は、この現実の数字に伴った発達障害児への処置、対策が無いことが問題だと思います。単純に児童数が同じ学校があれば特別学級の発達障害児童数は100人〜150人いる計算になります。がしかし・・・その学校には発達障害の専門知識のある先生や医師は存在しません。
私がいろんな情報を調べた所そこには『発達障害児の示す発達の「遅滞」や「ゆがみ」は、決して不変のものではなく、適切な療育により発達を促し、改善していける』と言う事なのに・・・適切な治療や教育の受ける事のできない発達障害児童はどうなるのでしょうか?こんな学校事情のあり方も問題だと思います。
本当にこんな学校事情ので良いのでしょうか?
いや絶対ダメです!!
最近自然環境破壊(地球温暖化)問題や環境ホルモン
老人介護や少子化問題など
問題は山済みで未来についての対策も大事ですが・・・
まずは今存在する発達障害の子供達の事を考えるべきではないでしょうか?

しかし残念ながら
私は、発達障害の専門知識のある医師でもセラピストでもありません・・・
情報も混乱する中、正確な情報が何かも分からないのも現実です。
賛否両論あるとは思いますが・・・
少しでもお役に立てればと思いたくさんの発達障害の情報を集めたこのサイトを作ってみました。
そして障害についてたくさんの方に
『差別』では無く『区別』
『誤解』では無く『理解』
の出来る良い社会や出来ればと思います。
posted by クローバー at 12:56|  発達障害の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

>>発達障害関連ブログ紹介<<

 軽度発達障害 / 広汎性発達障害 / 障害者雇用情報.
障害者求人情報 / 障害年金活用法 / パニック障害

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。