hattatusyougairogo3.jpg

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

2007年11月12日

軽度発達障害

軽度発達障害(けいどはったつしょうがい)とは、発達障害のうち、知的障害を伴わないものを指す。アスペルガー症候群(高機能自閉症)、LD、ADHD等がこれに当たる。

軽度とはあくまで知的障害が軽度もしくは存在しない(すなわち総合的なIQが正常範囲内)ということで、障害そのものが軽いわけではない。むしろ知能指数が低い方が予後(社会適応)が良いとの指摘もある。[要出典]

しかし、軽度は知的障害の程度ではなく、障害の程度を示す等の主張もあり、その意味するところは共通認識に至っていない。したがって文部科学省は、2007年3月15日、「軽度発達障害」という用語は使用しないことを表明した。

障害と健常の境界領域に位置するため、見た目には発達上の問題を抱えていないかのように見られるが、そのため、障害者認知をされにくく、「わがまま」「性格が悪い」「常識がない」「親の育て方が悪い」とのいわれのない非難に晒されやすい。適切な療育を受けられないまま、成人するケースがほとんどである。

なお、障害者福祉の支援を受けず社会に適応できた人は、軽度発達障害者が有する特徴をもっていても軽度発達障害者とみなされないことが多い。


「フリー百科事典ウィキペディア」出典
詳しくはリンクページからご覧下さい。
posted by クローバー at 12:58|  軽度発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

>>発達障害関連ブログ紹介<<

 軽度発達障害 / 広汎性発達障害 / 障害者雇用情報.
障害者求人情報 / 障害年金活用法 / パニック障害

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。