hattatusyougairogo3.jpg

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

2007年11月12日

アスペルガー症候群

せることが多い。特徴的なゆらゆら歩きや小刻みな歩き方をし、腕を不自然に振りながら歩くかもしれない。手をぶらぶら振るなど(常同行動)、衝動的な指、手、腕の動きもしばしば認められる。

アスペルガーの子供は感覚的に多くの負荷がかかっていることがある。騒音、強い匂いに敏感だったり、あるいは接触されることを嫌ったりする。例えば頭を触られたり、髪をいじられるのを嫌う子もいる。この問題は、例えば、教室の騒音が彼等に耐えられないものである場合等、学校での問題をさらに複雑にすることもある。 一方で、自己の疲労感、眠気、空腹感、のどの渇き、尿意、発熱、寒気、暑さなどに対する自覚が鈍く、ぎりぎりになるまで気づかず、計画的な解消行動をとれない人もいる。このことは、程度が重度でさえなければ、本人の日常生活にはさほどの支障をきたすものではないが、団体行動を難しくする一因になる。

アスペルガーの人は、自分があまり興味を持たない事柄に関して、「実体験から因果関係を導き出し、一般法則として身に付ける」ことが不得手なことがある。例えば「寒気がして鼻水が出るなら風邪を引いている」「黒板が見えなくなってきたら近視が進んでいる」などの法則を自分で発見することが難しい。もちろんそれらの問題が「激しく」「突然に」現れれば気付くこともあるが、緩徐にゆっくりと進行してくる問題には、その不快な状態にも「こんなものだろう」と勝手に納得して慣れてしまう。そして、その状態を「工夫すれば解決できるもの」とも思わず、我慢するか、諦めてしまうのである。このようなことは健常者にも起こるが、アスペルガーの人には生活に支障をきたすレベルで起こるということである。

例えば「冬でも厚着をすれば寒くない」という法則に気づかない場合、最低気温を更新するような厳寒の日でも「今日は特に寒いなぁ」と思いながらいつもの服装で出かけ、ただ耐えていたりする(「寒い」ことに特に肉体的に耐性があるわけではない。この場合、他人より一層寒さが堪え活動力が下がるが、その自覚がないということである)。この場合、本人は「冬の服装は、Tシャツにシャツにコート」などと覚えており、そこから自分で「特に寒い日はTシャツを重ね着してもよい」と発想を飛躍させることが難しいのである。反面、「異常に寒い日は変な重ね着をしてもよい」というお手本をテレビを見たり本で読んだりすれば、その概念はすんなり入り、身に付くという面もある。テレビや活字のように一度時間をかけた編集を経たメディアで得る情報は信じられるが、自分の感覚からくる法則やリアルタイムの会話による情報にはあまり信頼を置いていないと言い換えることもできる。なお、これらの困難は「自分にとってあまり関心のない/不得意な分野」に強く現れる。「自分にとって関心のある/得意な分野」に関しては、観察力や注意力に不足はなく、目端も利き、かえって常識にとらわれない新しい発想をすることも可能である。

別の行動の特徴として、やまびこのように、言葉やその一部を繰り返す反響言語(エコラリア)と呼ばれる症状を示す場合がある。 (アスペルガーの女性が子供を産み赤ちゃんへ母乳を吸わせるというこの行為事自体に嫌悪感を覚えることもある。)
アスペルガー症候群と社会
2001年5月にソニーが「アスペルガー 死の団欒」と名づけて発売する予定だった外国映画(原題は「Absence of the Good」、1999年のアメリカのテレビ映画)が、抗議を受けて発売中止となった。原題にはアスペルガーという単語は使われておらず(直訳しても「良心の不在」程度にしかならない)、登場人物にもアスペルガー症候群らしい人物は存在しないと考えられる


「フリー百科事典ウィキペディア」出典
詳しくはリンクページからご覧下さい。
posted by クローバー at 13:03|  アスペルガー症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

>>発達障害関連ブログ紹介<<

 軽度発達障害 / 広汎性発達障害 / 障害者雇用情報.
障害者求人情報 / 障害年金活用法 / パニック障害

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。