hattatusyougairogo3.jpg

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

2007年11月12日

発達障害とは

発達障害
(はったつしょうがい/Developmental Disorders, Developmental Disabilities)は、一般的に、乳児期から幼児期にかけて様々な原因が影響し、発達の「遅れ」や質的な「歪み」、機能獲得の困難さが生じる心身の障害を指す概念。学術的には知的障害(精神発達遅滞)を含むが、一般的には、知的障害を伴わない軽度発達障害だけを指す場合も多い。発達障害児の示す発達の「遅滞」や「ゆがみ」は、決して不変のものではなく、適切な療育により発達を促し、改善していけるものであるとされる。発達障害児が有する特徴を遅滞や歪みとは捉えない考え方・立場もある。

「心理的発達に関する障害」というと、愛情や育ち方が悪かったために正常に発達しなかった、というような印象を与えるが、発達障害に含まれるのは全て「生物学的要因による障害」であり、養育態度の問題など心理的な環境要因や教育が原因となったものは含めない。大多数は先天的であり、そうでないものも比較的低年齢に生じた他の疾患の後遺症による。

分類
精神発達遅滞
軽度精神障害
中等度精神障害
重度精神障害
最重度精神障害
精神遅滞、重症度特定不能
広汎性発達障害
自閉性障害
レット障害
小児期崩壊性障害
アスペルガー障害
特定不能の広汎性発達障害
学習障害(LD)
読字障害
算数障害
書字表出障害
特定不能の学習障害
運動能力障害
発達性協調運動障害
注意欠陥及び破壊的行動障害
注意欠陥・多動性障害
特定不能の注意欠陥・多動性障害
行為障害
反抗挑戦性障害
特定不能の破壊的行動障害
コミュニケーション障害
表出性言語障害
受容―表出混合性言語障害
音韻障害
吃音症
特定不能のコミュニケーション障害
WHOによる国際疾病分類であるICD-10では、

F80-F89
心理的発達の障害

F90-F98
小児<児童>期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害
が相当し、

米国精神医学会によるDSM-IV-TRでは、
通常,幼児期,小児期,または青年期に初めて診断される障害
が相当する。



「フリー百科事典ウィキペディア」出典
詳しくはリンクページからご覧下さい。
posted by クローバー at 12:56|  発達障害とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

>>発達障害関連ブログ紹介<<

 軽度発達障害 / 広汎性発達障害 / 障害者雇用情報.
障害者求人情報 / 障害年金活用法 / パニック障害

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。