hattatusyougairogo3.jpg

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

2007年11月12日

発達障害トゥレット症候群

口の中を噛む
手に爪で傷をつける
一定の動作をする
人の臭いを嗅ぐ
音声チック
えっえっと言う
咳払い
鼻をすする
短い叫び声
汚い言葉(しばしば罵りや卑猥な内容)を言う
うなり声
一見チックに意味があるようにみえることがあり、これが更なる誤解を生むことがある。またチックはある程度抑制することができる場合もある。その為、例えば学校等の公共の場でチックを我慢し、家等に帰ると安心し、抑えていたチックを起こす場合もある

疫学
軽度のものを含めるとチックは比較的ありふれたものと考えられている。小児におけるトゥレット障害の正確な有病率ははっきりしないが、海外の大規模な調査では1%弱という数字も報告されている。男児が女児に比べ約3〜4倍多い。またADHDや強迫性障害、学習障害、自閉症を合併する例もある。
原因
原因は確定していないが、基底核におけるドパミン系神経の過活動仮説が提唱されている。また双生児研究などから、遺伝的要因も関与していることも示唆されている。

統合失調症や自閉症と同じように、かつては「親の養育」「家族機能」などに原因を求められたこともあったが、現在では前記2疾患と同様、それらの説は否定されている。しかし精神的ストレスで悪化するなど、症状の増悪に環境要因が関与しているのは事実である。

また、社会的に広く見られる左利きの者に対する強引な矯正などで、そのストレスの後遺症により発症することがあるとも言われている。なお、患者にトゥレット障害について伝えると、却って症状を意識してしまい悪化する危険性が高い
治療
抗精神病薬(ハロペリドールなど)などによる薬物療法が一定の効果を示す。加えて、特に小児の場合はストレス因子の除去、疾患から生じる二次的な劣等感の除去・予防、症状から生じる周囲の偏見や学校でのいじめなどの予防などが重要である。



「フリー百科事典ウィキペディア」出典
詳しくはリンクページからご覧下さい。
posted by クローバー at 13:04|  トゥレット症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

>>発達障害関連ブログ紹介<<

 軽度発達障害 / 広汎性発達障害 / 障害者雇用情報.
障害者求人情報 / 障害年金活用法 / パニック障害

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。