hattatusyougairogo3.jpg

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

2007年11月12日

発達障害自閉症

発達の水準にふさわしい、変化に富んだ『ごっこ遊び』や社会性を持った『物まね遊び』ができない。
限定され、いつも同じような形で繰り返される行動・興味・活動
非常に強く(場合によっては異常なほど)、常に繰り返される決められた形の一つ(もしくはいくつか)の興味にだけ熱中する。
(例)特定の物、行動などに対する強い執着心。
特定の機能的でない習慣・儀式にかたくなにこだわる。
(例)物を規則正しく並べる行動。
(例)水道の蛇口を何度も開け閉めする行動。
常同的で反復的な衒奇(げんき)的運動物体の一部に持続的に熱中する。
(例)おもちゃや本物の自動車の車輪・理髪店の回転塔など、回転するものへの強い興味。
(例)手をヒラヒラさせて凝視する。
その他、低機能自閉症児の特徴の一例
自動車・電車・バス・飛行機・船などの乗り物への強い関心。うん蓄が豊富な場合も多い。
数字や風景など、特定のものに対する高い記憶能力。
ある特定の音に対する強い不快感。
客観性を持たない文章。または、事実だけを羅列した文章を書くこと。
視覚の優位性
自閉症児者は、耳で聞くよりも眼で見るほうが認識しやすいという視覚優位の特性がある。このため、自閉症児に注意を与える時は紙などに書いて見せると効果があるとされる[3]。ただし、高機能自閉症及びアスペルガー症候群の中には、目で見た情報がかえって伝わりにくい場合もある(各個の症状の出方による。アスペルガーにおいても視覚優位特性のあるケースは多数確認されている)。
診断
医学的にはDSM-IVかICD-10の診断基準により診断される。なお、知的障害の有無は診断に関係ない。

診断名について、一般に「自閉症」と呼ばれる場合には、DSM-IVでは「自閉性障害」「アスペルガー障害」「他に分類されない広汎性発達障害、PDDNOS」、ICD-10では「小児自閉症」「アスペルガー障害」「非定型自閉症」と診断される。いずれのカテゴリーも、「広汎性発達障害」の下位カテゴリーである。なお、「高機能自閉症」というカテゴリーはDSM-IV、ICD-10では無い。

「自閉症」という言葉には様々なイメージがあり、中には誤っているイメージも多い。このため、医師が親に話すときに「自閉症」という言葉を使うと、親が誤ったイメージを持ってしまう危険がある。このため、より広い概念の「広汎性発達障害」という言葉を使う場合もある。



「フリー百科事典ウィキペディア」出典
詳しくはリンクページからご覧下さい。
posted by クローバー at 13:31|  自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

>>発達障害関連ブログ紹介<<

 軽度発達障害 / 広汎性発達障害 / 障害者雇用情報.
障害者求人情報 / 障害年金活用法 / パニック障害

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。